お葬式の相場が分からない!そんな方にはこのサイト

【無料】で分かる 今時のお葬式とは


どんな葬儀にしたらいいだろう・・・。そんな時、
  全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

法要について

 

このサイトをご覧になられている方の中で、
ある程度お葬式についての知識をお持ちの方は、

 

 

 

その後に執り行われる法要についても
ご存知という方も多いかと思います。

 

 

ただ、思いもよらず突然に訪れた
親しい方の死に際し、
この法要ということに関しては、

 

 

 

今まであまり知らなかったという方も、
最低限の知識は持っておく必要はあるかと思います。

 

 

 

そこで、ここではその法要について
少しご説明させていただきたいと思います。

 

 

 

法要と法事

 

法要とは、亡くなった方に対する供養を目的として、
僧侶に読経や焼香をしてもらうことを指します。

 

 

 

ここで言われる供養とは、よく
追善供養と言われるように、

 

 

 

亡くなられた方の冥福、つまり死後の幸せを
祈念するという目的で行われます。

 

 

 

これに対し、法事とは、この法要の後に行われる
参列者による食事会等を含めた呼名となります。

 

 

 

法要の種類

 

忌日法要

それではここで、この法要の種類について
見てみましょう。

 

 

 

まずは、覚えておかなければならない物として
忌日法要があります。

 

 

 

これは、亡くなられた方に対し、亡くなられた日(忌日)から数えて
7日ごとに供養をしていくということで

 

 

 

初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、
六七日、七七日と続きます。

 

 

 

読み方としては、順に、
しょなぬか、ふたなぬか、みなぬか、
よなぬか、いつなぬか、むなぬか、なななぬか
と読みます。

 

 

 

ただ、この読み方に関しては”ぬか”の部分を
”のか”という場合もあります。

 

 

 

そして、この忌日法要の最後の七七日は
四十九日とも呼ばれ、
初七日と共に重要な法要とされます。

 

 

 

よく、忌中という言葉を耳にすることが
あるかと思いますが、

 

 

 

一般に、この忌中というのは
故人が亡くなられてから
四十九日までの間で、

 

 

 

喪中というのは、これからお話しする
一周忌までとされています。

 

 

 

また、この四十九日の後にも、
命日の百日目に行われる
百か日法要があります。

 

 

 

以上、故人が亡くなられてからの
忌日法要について述べましたが、

 

 

 

近年においては、これ等を全て
執り行うということは少なくなり、

 

 

 

特に、初七日、四十九日を除いては
省略するという傾向にあるようです。

 

 

 

そして、この初七日に関しても、式中初七日といって
葬儀の後に行うというケースも増えてきています。

 

 

 

年忌法要

 

年忌法要というのは忌日法要と違って
年数による法要なので分かりやすいと思います。

 

 

 

順に一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、
二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌と続き、
この後にも五十回忌まで4回続きますが、

 

 

 

三十三回忌を以って「弔い上げ」といって
供養の最終とする場合が多いようです。

 

 

 

>>>近年の葬式事情