お葬式の相場が分からない!そんな方にはこのサイト

【無料】で分かる 今時のお葬式とは


どんな葬儀にしたらいいだろう・・・。そんな時、
  全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

一般的な葬式の形式

お葬式といえば、
通夜告別式
というのが一般的です。

 

 

 

しかし、厳密な区分で言えば、
告別式と呼ばれているものは

 

 

 

葬儀式と告別式とに別れ、
とりわけ、その中でも

 

 

 

僧侶などによって、
故人の冥福を祈るような

 

 

 

宗教的儀式を葬儀式と呼び、
知人友人などが、

 

 

 

最後の別れをして見送る儀式を、
告別式と言います。

 

 

 

そして、これらの前夜に
行われるのが通夜ですが、

 

 

 

この通夜においても、
故人が急に亡くなられ、

 

 

 

親族が遠方で急に来れない、
あるいは、知人などに連絡が

 

 

 

どうしても取れない
などということがあります。

 

 

 

このような場合、とりあえず、
その日に参加できる方だけで

 

 

 

執り行なう通夜のことを
仮通夜と呼びます。

 

 

 

特に病院で亡くなられた場合などに、
急に自宅に遺体を運ぶのが難しい

 

 

 

といったような場合には、病院の霊安室で
仮通夜を行うということもありますが、

 

 

 

ただ、この場合は、
事前に病院に相談することが必要となります。

 

 

 

しかし、近年においては、上記のように
自宅で亡くなられる方が減ってきている為

 

 

 

この仮通夜自体をやらないという傾向が
強くなっているようです。

 

 

 

いずれにせよ、これらのことからも
分かるように、通夜というのは、

 

 

 

生前の故人をしのび、親しかった人や知人が
別れを惜しむといったような

 

 

 

本来、私的な意味合いを持った場
なのです。

 

 

 

しかし最近では、冒頭にも述べたように
通夜と告別式が、葬式の大きなくくりとなり

 

 

 

通夜に出れなければ告別式、
告別式に出れなければ通夜に、という風に

 

 

 

それぞれの都合により会葬するように
なってきています。

 

 

 

よく会社などでも、
訃報の連絡が来ることがありますが、

 

 

 

とりわけ、ここ近年では、仕事中の時間に
おこなわれる告別式を避け、

 

 

 

通夜の弔問というパターンが
増えているようです。

 

 

 

以上、一般的な葬儀の形式について書きましたが、
後の、近年の葬式事情の中でも触れますが、

 

 

 

最近では、この、通夜、告別式などを行わない、
直葬と呼ばれる形式も増えてきているようです。

 

 

 

そして、この場合は、
火葬のみを行う、ということになります。

 

 

>>>葬儀社には種類がある?