お葬式の相場が分からない!そんな方にはこのサイト

【無料】で分かる 今時のお葬式とは


どんな葬儀にしたらいいだろう・・・。そんな時、
  全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

通夜から告別式までの流れ

通夜

通夜の段階ともなれば、

既に、葬儀社は決まっているので、

 

式場の設定、受付、
お清め会場の設営から始まり、

 

棺の安置まで、全て、
葬儀社により執り行われます。

 

 

 

 

 

 

 

受付

通夜の準備が整った後、まずは、

受付から始まりますが、

 

通常、通夜開始時間の
30分前が受付開始となります。

 

 

 

 

 

 

 

僧侶到着及び打ち合わせ

その後、僧侶が到着したら喪主は挨拶に伺い、
通夜の進行等の、打ち合わせを行います。

 

 

 

読経及び焼香

その後、喪主、遺族は、通夜開始の
15分前には、席につくようにします。

 


この際、喪主をはじめとして
遺族は祭壇に向かって右、
左には来賓、知人などが

 

生前に、親交の深かった順に
座ります。

 

 

全ての着席が確認された時点で
僧侶が入場し、読経が行われます。

 

 

 

通常、読経が行われた後、
焼香が行われますが、

 

 

参列者の人数が多い場合などは、

僧侶の判断で、読経途中での

焼香という場合もあります。

 

 

この場合は、僧侶による
焼香開始の案内があります。

 

 

 

 

 

 

喪主挨拶

一通り、焼香が終わった時点で、
僧侶による法話がある場合もあります。

 

そして、それも済み、
僧侶が退場したあとに、

 

喪主による
挨拶が行われます。

 

 

 

 

 

 

 

通夜振る舞い

通夜振る舞いは、お清めの席とも言われ、

 

僧侶及び弔問客に、飲食をふるまうことを
さします。

 

 

 

ただ、宗派によっては、
お清めという言葉を使わない所もあり、

 

また、通常配られるお清めの塩も
無い場合もあります。

 

 

 

 

夜伽(よとぎ)

通夜振る舞いが終わって、弔問客が帰った後、

残された遺族が、故人の遺体のそばに付き添って

一夜を明かす事を夜伽といいます。

 

 

この時には、線香の火を絶やさないようにする
という習わしになっています。

 

 

 

 

 

告別式

通夜と告別式が、違う場所で行われる場合、

祭壇、式場の設営等は通夜の時と同じで、

葬儀社の仕事となります。

 

 

ただ、最近では、通夜、告別式共、
同じ会場で行われる事が多いので、

 

新たに設営することはあまりなく、
そのまま、引き継ぐ形になります。

 

 

 

 

 

受付

葬儀に対する弔電の整理等が終わった段階で、

会葬者の受付を開始します。

 

 

要領に関しては、だいたい通夜と同じですが、

ただ、違うのは、告別式のみ参加される方と

 

通夜、告別式両方に参加される方が
いるということです。

 

 

 

当然、両方に参加される方は、

記帳のみということになりますが、

 

礼状、返礼の品は、告別式のみの方と

同じように渡すのが一般的となっています。

 

 

 

 

 

 

葬儀及び告別式

葬式の種類のところでも書きましたが、
現在、告別式と呼ばれているものは、

 

 

以前においては、葬儀式と告別式とに
分かれていました。

 

 

この、葬儀式にあたるものが、
僧侶による読経及び焼香です。

 

 

 

 

 

 

弔辞及び弔電読み上げ

読経及び焼香も、流れとしては、
通夜と大体同じですが、

 

告別式の場合は、読経の途中から、
僧侶の合図により、

 

弔辞及び弔電の
読み上げが行われます。

 

 

 

そして、弔電の読み上げが終わった後、

司会者の案内により、焼香が行われます。

 

 

この焼香の順番は、
遺族、親戚の後に来賓、関係者、

 

そして最後に一般参列者
という順番になります。

 

 

焼香の後には喪主、
あるいは遺族代表の挨拶があり、
閉会となります。

 

 

 

 

出棺

葬儀が終わった後は、祭壇からおろされた
棺を前に最期の別れをします。

 

この際に、故人に
関係の深かった人から順に、

 

遺体の回りに生花を飾るように置いていきます。

 

 

このことを「別れ花」ともいいますが、
これが済むと、出棺となります。

 

 

出棺に際しては、位牌を持つのが喪主、
遺影を持つのが喪主に準ずる親族というのが一般的です。

 

 

 

棺は遺族、親族の男性により運ばれ、
霊柩車に納められます。

 

 

 

この時点で、
喪主は参列者に対し挨拶を行い、

 

遺族と共に、霊柩車に乗り込み、
火葬場にむかいます。

 

 

火葬

火葬場において行われることとして、
納めの式というのがあります。

 

 

これは棺を火葬炉に入れる前に、
亡くなった方と、残された遺族との

 

最後の別れということになりますが、
その間、同行した僧侶が、読経を行います。

 

 

そして、その後、火葬となりますが、
その間、遺族は控え室にて待機ということになります。

 

 

火葬は1時間ほどで終わりますが、
その後で行われるものが、骨あげです。

 

 

骨あげ

骨あげは、火葬された故人の骨を、
骨壷に納めて行くという儀式ですが、

 

 

ひとつの骨に対し、
2人で拾いながら
納めていきます。

 

 

 

この際、竹箸を使って拾うというのが習わしで、
故人と縁が深かった方から順番に行われます。

 

 

 

 

 

>>>必要となる手続き、届出等