お葬式の相場が分からない!そんな方にはこのサイト

【無料】で分かる 今時のお葬式とは


どんな葬儀にしたらいいだろう・・・。そんな時、
  全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

近年の葬式事情

葬儀社の種類の中でも少し触れましたが、
生前において、自分の葬式について
考えておくということは、とても重要な事です。

 

 

 

というのも、ここ最近、特に都会などでは、
家族構成の変化などにより、

 

 

 

葬儀に対する考え方が、
徐々に変わりつつあるような傾向が、
見受けられるからです。

 

 

それは、以前であれば家族というものが
一つ屋根の下に暮らし、

 

 

 

共に同じ時間を過ごすというのが
一般的でしたが、

 

 

 

今では核家族化が進み
親や親類同士のつながりというものが

 

 

 

昔に比べ、希薄になって来ているということが
挙げられると思います。

 

 

 

家族葬

 

その顕著な例として
最近増えてきている家族葬があります。

 

 

 

これは、よく耳にする、
密葬とよく似ていますが、

 

 

 

密葬の場合は、その後に、
本葬という、身近な人以外の、

 

 

 

一般参列者を対象とした
葬儀を行うことになっており、
そこが家族葬との違いになっています。

 

 

 

つまり、この家族葬は、
一回きり、単独で行うため、

 

 

 

一般の葬儀に比べて規模も小さくなり、
その分、費用もおさえられるということになります。

 

 

 

自由葬

 

そして、この他にも自由葬と言って
宗教儀式を伴わなくてもよい
といったような葬式も現れてきています。

 

 

 

これなどは、今までの慣習に捉われない
自由な葬式をしたいという発送から
生まれて来ていると思いますが、

 

 

 

いずれにしても、これらの葬式形態は、
通常の葬式とは異なった形をとるため、

 

 

 

事前に、周囲の人の理解が得られるような配慮
必要となってきます。

 

 

 

特に家族葬などでは、
親族以外の、故人に対して、

 

 

 

関係の深かった方達への
弔問辞退の報告を、
失礼のないよう、すみやかに行う、

 

 

 

あるいは、宗教的な儀式を抜いた場合の
自由葬などでは、

 

 

 

参列希望者の中で、
宗教を重んじるような方たちへの

 

 

 

納得のいくような説明をする事などが
必要となって来るでしょう。

 

 

 

直葬

そして、この葬式の中でも、近年、増加傾向にあるのが、
直葬と呼ばれるものです。

 

 

 

この直葬は、葬式の中でも、
最も簡略化されたものといってもいいでしょう。

 

 

 

これは、通夜や告別式などといった、
葬式にかかわる儀式を一切行わず、

 

 

 

死後24時間という法律で定められた遺体安置の後、
直接、火葬場まで運び、荼毘に付すという葬儀方法です。

 

 

 

そして、この場合、火葬場において、
読経や祈祷が行われる場合もあるようですが、

 

 

 

費用に関して言うと、20万円前後と、
通常の葬儀の1割程度までにおさえられます。

 

 

 

この直葬に関して、以前においては、
身寄りのない人、あるいは、経済的に困っている
生活困窮者の方を対象とした、

 

 

 

福祉的な意味合いを持ったサービスとして
行われていたようです。

 

 

 

しかし、近年においては、
この直葬が、増えてきているという傾向があるようです。

 

 

 

以前、NHKが、2013年(平成25年)に行なった、
全国の葬儀業者200件対象のアンケート調査において、

 

 

 

葬儀全体から見る、この直葬の割合は、
関東地方では22.3%、近畿地方では9.1%という結果になっています。

 

 

 

そして、その中においても、特に大都市圏内では、
5件の葬儀に対し1件以上が、この直葬で行われているということです。

 

 

 

以前では、ごく限られた人を対象として行われていた直葬ですが、
この増加の訳には、いろいろな要因が考えられると思います。

 

 

 

それは、前にも述べた、葬式そのものに対する
考え方の変化ということももちろんですが、

 

 

 

近年の、高齢化社会への急速な移行
ということもあるかと思います。

 

 

 

私も以前、何名か近親の者を亡くしましたが、
いずれも、90歳を超えた高齢で、

 

 

 

友人関係、ましてや職場における人間関係などは
ほとんどない、というような状態でした。

 

 

 

このような状況の中で、通常のお葬式をやるということは、
あまり現実的ではありません。

 

 

 

まあ、ここで、直葬という形を選択するかどうかは、
それぞれ個人個人の判断、ということになるかとは思いますが、

 

 

 

いずれにしても、この葬儀方法が定着しつつあるという事は、
近年の葬式事情を考える上に、一つの参考にはなるかとは思います。

 

 

>>>新たな葬儀に関わるサービス