お葬式の相場が分からない!そんな方にはこのサイト

【無料】で分かる 今時のお葬式とは


どんな葬儀にしたらいいだろう・・・。そんな時、
  全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

一般的な葬儀の相場

葬式費用の相場を知る前に、
まず、葬式に掛かる費用の
項目について、知る必要があります。

 

 

まずはここに、2014年に
日本消費者協会が行った

 

第10回「葬儀についてのアンケート調査」
というものがあるので、
それを見てみましょう。

 

 

葬儀一式費用 約122万円

 

寺院費用 約45万円

 

飲食接待費用 約34万円

 

 

まず、葬儀一式費用というのがありますが、
ご覧になると分かるとおり、

 

 

これは、葬儀本体にかかる費用で、
寺院費用や飲食接待にかかる費用は
含まれていません。

 

 

通常、葬儀社から提出される見積書は、
この葬儀一式費用のみの場合が多く、

 

続く、寺院費用や飲食接待費用は、
別途という形になります。

 

 

 

ちなみに寺院費用とは、
お経、戒名等にかかる費用です。

 

 

先ず、お経にかかる費用ですが、
これは、お布施ということになり、

 

相場ということであれば、
10万円から15万円
といわれています。

 

このお布施は、通常、
お盆の上に乗せて渡すのが
正しい渡し方とされ、

 

タイミングとしては、
通夜が始まる前に渡すのが、
一般的とされています。

 

 

次に、戒名の料金ですが、
これは、それぞれのランクによって
料金が異なってきます。

 

戒名には、通常、
以下のランクがあります。

 

信士、信女
居士、大姉
院信士、院信女
院居士、院大姉

 

そして、それぞれの戒名に対し、

 

信士、信女は30万〜50万円
居士、大姉が50万〜80万円
院信士、院信女が80万円〜100万円
院居士、院大姉が100万円以上
とされています。

 

もちろん これらの金額は
決まったものではなく、

 

あくまでも、相場ということなので、
判断に迷う、というようなことであれば、

 

お願いしている葬儀社に
相談してみるのが良いでしょう。

 

 

以上のように、通常、葬儀社から出される
葬儀一式費用の他の

 

別途費用のことも知らないと、

後々、トラブルの原因ともなるので

 

見積もり依頼をする時は、
この別途費用に関しても

 

出してもらうようにすると
良いと思います。

 

 

 

ただ、飲食接待費用の場合、
弔問客の人数や、葬式の規模を

 

どの位にするかによっても
変わってくるので、

 

その様子を、事前に、
葬儀社に対し伝えておくことが肝心です。

 

 

以上が大まかな概要ですが、
最初に掲げたアンケート結果の数値は、

 

各項目の全国平均値となりますが、
葬儀費用の合計の平均値となると、

 

約189万円という数値が出ています。

 

 

 

ただ、これはあくまで全国平均値なので、
前にも述べたように、

 

葬式の規模により上下する
ということは言うまでもありません。

 

>>>安価な葬儀の相場