お葬式の相場が分からない!そんな方にはこのサイト

【無料】で分かる 今時のお葬式とは


どんな葬儀にしたらいいだろう・・・。そんな時、
  全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

安価な葬儀の相場

ここでいう相場における
安価な葬儀というのは

 

どのようなものを
いうのでしょうか。

 

 

これは、近年の葬式事情
にも書いたように、

 

本葬なしの密葬ともいうべき、
家族葬のことをさします。

 

 

 

家族葬はその名のとおり、
身近な人達のみで行われる、

 

少人数で、規模の小さな
お葬式といえます。

 

 

当然、呼ぶ人が少ない分、簡素で、
会場や接待費にかかる費用は、

 

大幅に抑えられます。

 

 

 

ただ、この家族葬にも、
費用の面で、

 

注意しなければならない
点もあります。

 

 

 

それは、葬儀の収支の項目にも
書きましたが、香典の問題です。

 

 

 

弔問客による香典は、
支出にあたる葬儀費用に対して

 

収入の部分になります。

 

 

 

つまり、家族葬の場合、
葬儀の費用は抑えられる反面

 

参加者の人数が
少ない分、

 

収入の部分に当たる
香典も少なくなります。

 

 

 

つまり、葬儀費用は
抑えられても

 

最終的には高くついてしまった
ということもあるということです。

 

 

 

 

そしてこの他にも、最近では、
葬儀自体を行わず、

 

直接遺体を荼毘に付すという
選択をされる方も出てきています。

 

 

これは直葬と呼ばれ、
主に都市部を中心に広がりを見せています。

 

 

この直葬では、葬儀にあたる
通夜、告別式がないため、

 

その分費用が大幅に削減され、
前述した一般的な葬儀の平均値である、

 

約189万円という数字に対し、
20万円前後から出来るというメリットがあります。

 

 

しかしながら、この直葬に関しては、
葬儀を行わないということから生じる

 

自分達の気持ちの上での問題がないか、
あるいは、周囲に対しても問題がないか、

 

などの確認も必要となってきます。

 

特に、故人に対し葬儀参列を希望される方などが
いらっしゃった場合には、

 

その方達に対し、納得のいく説明、
あるいは、それなりの対応が生じてくる場合もあります。

 

ただ、この直葬も、遺族の経済的
あるいは精神的な負担の軽減という面では

 

とても、注目度も高く、
ひとつの葬儀の選択肢として広がりつつあるようです。

 

>>>葬儀の収支